「舟を編む」雲田はるこ  原作:三浦しをん(『舟を編む』光文社刊)
連載

舟を編む 雲田はるこ 原作:三浦しをん(『舟を編む』光文社刊) 本屋大賞受賞の大ベストセラー小説、短期集中コミカライズ連載スタート! 出版社・玄武書房では中型国語辞典「大渡海」の刊行計画を進めていた。 辞書編集部のベテラン編集者・荒木は、定年を間近に控え、「大渡海」を引き継いでくれる後継者探しに四苦八苦。 「いるらしいですよ? 辞書向きの人材。」──辞書編集部員の西岡の紹介がきっかけで、荒木が会いにいったのは、営業部員の馬締(まじめ)。 言葉のセンスを買われ、引き抜かれた馬締は、辞書編集部のドアを叩いた──。


ITAN TOPページ