大好評につき、今度は関西で!!【その場で即投稿】→【即選考】→【即デビュー?】即日デビューありの特設新人賞!!!!!
新人に熱い眼差しを注ぐ講談社の二誌がコラボ

リニューアル新装刊!『やっぱり漫画はおもしろい月刊モーニング・ツー

隔月刊になった!『世界のはじっこを描き出す小さなコミック誌ITAN

【終了】2013.05.19(Sun)即日新人賞その2 in 関西コミティア42

OMM(大阪マーチャンダイズ・マート)ビル2階ABCホールにて開催!!!!!!

第1回@COMITIA103(東京ビックサイト)[応募総数241本(事前48、当日193)→最終選考作12本→大賞2本(デビュー!)、優秀賞5本!!!] 第2回@関西コミティア42(大阪マーチャンダイズ・マートビル)[応募総数75本(事前16、当日59)→最終選考作10本→大賞1本(デビュー!)、優秀賞2本!!!] 「第2回即日新人賞」の結果をご報告します!!
モーニング・ツー編集長
2月に東京でやったばかりなのに、今度は大阪で早くも2回目!? なぜ、やるのか?
最大の理由は我々がこのイベントを大好きだからです。我々もプロの編集者である前にただの漫画好きですから、コミティアという漫画に愛された空間で、「即日」で新人賞を決めちゃうというのは非常にスリリングだし燃えるわけです。仕事というよりは「祭り」ですよね。応募された方、観覧された方にも同じような興奮を味わっていただけていたなら良いのですが、いかがだったでしょうか?
あとはモーツー、ITANの両誌が、本気でプロを目指す上で信頼に足る雑誌だと、選考会を見た方々に感じていただけていたなら大成功かな。早く3回目もやりたいです。
ITAN編集長
ライブにはライブの良さがある。それを改めて感じた大阪・天満橋での一日でした。
「面白いものを、世に出していこうよ!」という一体感の中で、新人賞の選考ができるなんて、こちらとしてもとっても幸せな体験でした
会議室でなく公開の場で、投稿者の皆さんと明日を担う才能について議論する。投稿する側、選ぶ側、観る側。すべてのニーズを満たす場にできたと思います。やってよかった、即日新人賞。
今回は3名の方が受賞。おめでとうございます。ここからが勝負。それはモーツー、ITAN両編集部も同じこと。〝盛り上げ逃げ〟はしませんので!
最後に、今回でITANはギャグばかり狙っているという風評は払拭できたかな、と。もちろんギャグは好きなんですが…(笑)。
大賞1名デビュー!! 賞金10万円(当日払い)+掲載権「ITAN」1名
『西の魔女が生んだ/うさみみせんせい』 縞々まりえ

あらすじ 『西の魔女が生んだ』社会人のたまこに、学生時代の友達・いっこからメールが来た。「妊娠した」という報告に、素直に喜べないたまこ。たまこは昔、いっこにプロポーズをしたことがあった。いまと昔と空想が織り交ざるドラマ。
『うさみみせんせい』学校の先生はうさぎ! うさみみせんせいに恋をした男子・カワシマの葛藤。

講評

選考会で出た意見……「キャラ目線で想像できてる。ネームセンスが良い」「リアルと空想のバランスが絶妙。モノローグ頼りは避けたい」「主人公の心情と空想がマッチしててよかった」「もっと長いページで読みたいです」「両作品とも良い。キャラがかわいい上に大人っぽくエロイ」「人間を描ける人。胸にチクチクきた。酸いも甘いもうまいです!」……可愛い絵柄で、キャラクターを深く描く力量は見事! 繊細な表現でありながら、ぶれない軸を感じます。テーマも唯一無二で、読後に不思議な感情が押し寄せました。両編集部の総意でデビュー決定。そして、「ITAN」でデビューとなりました!!

優秀賞2名 賞金5万円(当日払い)「モーニング・ツー」2名
『A高校女子フットサル部』 たみそ

あらすじ カミシモさんは、女子フットサル部に勧誘される。先輩との確執にも負けず上達していき、ついに初めての試合の日がやってきた。物語はカミシモさんの父親、そして母親も巻き込んで、ゲームは怒涛の展開に突入していく。

『コーヒーゼリー』 山田怜

あらすじ 朝の会から下校、そして放課後までの“5年い組”をめぐる一日。時間割りごとに起こるハプニングと、一度見たら決して忘れない濃いキャラクターたちの、愛と青春の日々。

講評

選考会で出た意見……「面白い。キャラも立っている。これだけのストーリーがあるなら、4コマでなくてもいい」「才能をひしひしと感じる」「もうちょっとわかりやすくすると良くなる。キャラがいい」「ギャグかと思って読み始めたが、いい話でびっくりした」……最初4コマで展開されながら、中盤以降ではストーリー漫画のコマ割りになった作品。キャラがしっかり立っていて、強い表情が印象的。題材に対する作家の執着を感じます。最後の展開は思わず涙…! ストーリーで勝負できる才能なので、やや多かったセリフ量や演出のブラッシュアップをしていきましょう!

講評

選考会で出た意見……「キャラやネタは面白い。知性を感じる。ただ、コマ割りはやや読みづらい」「校長への傘攻撃やケンカ考察など面白かった」「キャラも描けてセンスもある。洗練されるといい」「絵、うまいと思う」「センスを感じる。もう少し短いページでキレの精度を上げられるはず」「粗削りな分、評価は高くなってしまっているが、それでもよくできてる!」……これぞ粗削りの才能の爆発! 毎時間ごとに全然違う引き出しから描かれる物語は全く飽きることなく読ませてくれました。とにかくキャラが立っていて、勢いもグッド。自分の才能をどのようにコントロールしていくのか、これからが楽しみです。

ほかの最終選考作
  1. 『神はだれでも恋をする/フミンドラッグ』 梔子あかね
  2. 『ボクらの歌/生きるサイズ』 リノタカユキ
  3. 『ししまい番長』 柏花
  4. 『芽吹く鉄/錆びない花』 縞惟月
  5. 『ナムプラーの台所』 伊藤正臣
  6. 『人生経験値』 真山コウ
  7. 『ひょい、ひょい!』 ふじもとめぐみ
  8. 会場に来てくださったみなさん、ご投稿してくださったみなさん、本当にありがとうございました!!

前回の「即日新人賞」がおかげさまで大好評だったため、今回は大阪に飛び、開催させて頂きました。その名も「第2回即日新人賞 in関西コミティア42」!

会場の一角にスペースを取って頂き、とにかく目立とう! とたくさんの看板を設置。その甲斐あってか、ちらほらみなさん気づき始めてくださり、次第にご投稿が止まらなくなりました! 嬉しい悲鳴、ありがとうございました。第1回の反省を踏まえ、今回は審査員全員が全作目を通し、講評コメントを書かせて頂きました。14時の最終選考作発表では多くの方が集まってくださりました(近くのスペースだった皆様、ご迷惑おかけしてすみませんでした)

そして10作が残った最終選考会、第1回よりも筋書きのない言い争いも起き、「どっちでデビュー!?」と一時もめたりもしましたが、みなさんの温かい視線に見守られながら、無事に終わることができました。結果的に、「ITAN」側から1名のデビューが決定! そして「モーニング・ツー」側から2名の優秀賞も出ました。デビュー者の方、これからぜひ誌面を盛り上げてください! 優秀賞の方、そして残念ながら選外の方も多くの担当がつきましたので、またご投稿して頂けたら嬉しいです! 会場に来てくださったみなさん、ご投稿してくださったみなさん、本当にありがとうございました!!

やっぱり漫画はおもしろい月刊モーニング・ツー 世界のはじっこを描き出す小さなコミック誌ITAN COMITIA